新年明けの為替レートは荒れやすいので資金管理に気を付ける

新年明けの為替レートは荒れやすいので資金管理に気を付ける

新年明けの為替レートは荒れやすいので資金管理に気を付ける

新年明けの為替レートは荒れやすいので資金管理に気を付ける

 

一年の計は元旦にありといいますが、新年は休みの人も多くFXを初めてみようという人もいますが、FXを新年にするのならちょっとした注意が必要なんです。なぜかというと、FXで扱う為替通貨の相場は新年は荒れやすいのが基本です。一月の前半は特にちょっとした注意が払わないとろくなことになりません。ではそんなことをいっていたら、一月の半分はFXをするなということになってしまいます。そんなのはつまらないですので、一月のFXにはなるべくやらない方がいいやり方があります。それは何なのでしょうといいますと、まず逆張りです。

 

逆張りというと、欧米人が用いることが多い一発逆転のやりかたでありますが、その成功率はあまり高くないなということが知られています。そほかわり当たったときには順張りより多く稼げるところが魅力で、どうしても逆転を狙う人なんかは逆張りをしたいという気持ちが大きいです。しかし、一年の中で新年開けの為替レートで、逆張りを使うことはいきなりリスクが高いです。

 

なぜかというと、為替レートは荒れやすく実際に利用して逆張りが逆張りとして機能していなくて、危うい為替レートだということだからです。だから実行をするのなら、まだ順張りのほうが利益も少ないしということはありますが、負けが小さく抑えられるので、リスク検討をするのならこちらのほうがいいと思います。一年の始めは世界中の証券会社などが為替レートに大きな額を落とすことが多く、個人のそれも小規模なトレーダーであればその波についていけなくなくなるのも当然なのです。

 

なので一年はじめにFXをする際にはそういったことも頭に入れておいて、大きな掛けにでないような取引を心掛けるといいと考えています。まだ年は始まったばかりで一月ばかりが月ではありませんから、小規模なFXトレーダーにとっては二月、三月、四月と暖かくなってからがきっとが本番です。安定した為替レートのときのほうがリスクが低く安定した利益も得られやすいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ