追証にならないように初心者は最初からレバレッジをかけない

追証にならないように初心者は最初からレバレッジをかけない

追証にならないように初心者は最初からレバレッジをかけない

追証にならないように初心者は最初からレバレッジをかけない

 

FXを取引するにあたって最も注意が必要なのは追加証拠金です。追加証拠金は略して追証と呼ばれて所持している金額以上の取引をするために必要な証拠金が不足した場合に求められるお金の事です。各FX会社によって必要な証拠金は異なりますが、私の使っている所は米ドルで4万円という証拠金が必要となります。私はFXを始めた時には10万円からだったのです。そのために少ない金額で高収入を得るためにはレバレッジという倍率を最大にして資金の25倍の金額を取引するしかなかったのです。これによって10万円で250万円分の取引が可能になります。

 

しかし私は、始めてすぐに損切りを怠って5万円以上の含み損を出してしまったのです。その結果FX会社で必要な証拠金4万円が不足して追証の状態になったのです。私はあまり資金が無くて大損の状態で損失を確定し、一旦市場から退場する事態になったのです。よくFXで借金という言葉がありますが、これは追加証拠金を支払うために消費者金融等から借金をしたケースです。多くのFX会社では資金以上の損失を出さないように事前に警告を出し、場合によっては強制決済しています。このような事態になるとFXでの取引自体を停止させられる可能性もあるのです。

 

初心者はFXにまだ慣れていない事もあり、通貨の急な変動に混乱すると思います。まずはレバレッジをかけずに自分の資金内で取引する事が重要です。私のようにいきなり最大のレバレッジをかけると、すぐに追証になって退場になるリスクが高まります。FXはハイリスクな取引ですが、決してギャンブルになってはいけないのです。通貨の売買は世界経済に大きな影響を与えますので、よく内容を理解してから儲けを狙う事が大切です。追証は投資家にとって恐怖であり、夜も眠れない状態にもなる可能性もあります。しかし自分の能力を決して過信せず、損切りを徹底して行っていけば防ぐ事が出来るものです。FX投資家にとって追証は恥ずべき事態だとの認識が大切だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ